「格安SIM」が安い理由は?通信速度は大丈夫?

PR記事

最近、大手キャリアから「格安SIM」に乗り換える人が増えています。

「スマホ代が安くなる」と耳にする一方、「通信速度が遅い」という噂も…

一体どのようなサービスなのでしょうか?

スポンサーリンク

格安SIMとは?

SIMカードは、スマホのなかに入っている小さなICカードのこと。
契約者の情報が記録されており、インターネット通信や通話をするために欠かせません。

格安SIMとは、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供しているSIMカードのことです。
その名の通り、格安で利用することができます。

格安SIMがお得な3つの理由

格安SIMがお得な理由は、次の3つです。

設備を持たないから

格安SIMは、docomoやau、Softbankなどといった大手携帯キャリアの通信回線をレンタしてサービスが提供されています。

土地代や設備費用がかからないため、お客様に安く提供することが可能です。

ネット販売がメインだから

格安SIMは、実店舗の数が少なことが特徴です。
ネット販売が中心ですので、テナント料や人件費が少なく済みます。

料金体制がシンプルだから

格安SIMは、シンプルな料金体です。
そのため、無駄なコストがかかりません。 

必要だと感じる機能は、オプションで追加することが可能です。

「通信速度」はどうなの?

格安SIMで気になるのは、通信速度
大手キャリアの設備を借りているため、通信が多い時間帯はどうしても遅くなってしまうとか。

しかし、Webページの閲覧やTwitter、LINEの文章を読む程度なら、大きな支障はないといわれています。

画像や動画を見たい場合は、WiFiを利用するのがおすすめです。

まとめ

格安SIMが安い理由は、徹底的なコスト削減にありました。

気になる通信速度も問題ないようです。

スマホの料金が高いと感じる方は、ぜひ格安SIMへの乗り換えを検討してみてください。

格安SIMを検討している方は、ペンギンモバイルを見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました