先天性耳瘻孔との戦い。手術色々。

雑記

こんにちは、博文です。
今回は先天性耳瘻孔についてのお話です。多分ほとんどの人には無縁の話です。
ですが、この記事にたどり着いてくれた方は仲間なのかもしれないですね。

スポンサーリンク

先天性耳瘻孔って?

胎児のときに耳の形成が上手くいかず、ちょっとした穴ができてしまってます。ピアス穴ぐらい小さな穴。穴の位置は人それぞれみたいですが、ピアスでいうところのトラガス(耳の穴の手前の小さな軟骨)にあって、その中は袋状になってます。そこの中に細菌が感染すると腫れあがって膿が出て大変なことに…何もしなければ基本安全なものです。100人に1人ぐらいはいるみたいです。ただ、遺伝による影響が大きいのか私の身内は4人先天性耳瘻孔です。
身内のうち2人は、特に何もありません。
私の場合は、黄色い汁が出ます。とってもくさい…そして、たまに赤く腫れあがって痛くなります。
兄は、先天性耳瘻孔の袋の摘出手術で入院してました。

腫れあがったらどうなる…?

中にたまった膿が排出できないと激痛です。
病院にかかりたくない私は、自分で必死に絞り出してました。お風呂上りとか皮膚が柔らくなっているときに揉むと穴から膿が出てきてきやすいです。が、袋が爆発して穴じゃないところから排出してしまい、袋が皮膚と癒着してしまう可能性もあるのでやらない方がいいです。私は癒着してしまいました。

痔瘻孔は風船みたいなものです。

袋が周りの皮膚と癒着してしまうと、手術の時に完全摘出が難しくなってしまうようです。腫れたときは耳鼻科にかかるのが良いみたいです。

耳瘻孔摘出手術を受けた兄の話

私の兄が学生の頃、先天性耳瘻孔の摘出手術を受けました。
どうやら、部活で汗をかいて、耳瘻孔が不潔になったようです。生々しすぎるので画像は割愛させていただきますが、耳からリンパが腫れまくりで怖かったです…
兄は、耳鼻科を受診し抗生物質を処方してもらってましたが、膿がたまりすぎており、切開して膿を排出することに…泣いたそうです….痛そう。切開して膿を出したら終わり!というわけではなく、しばらく切開したままガーゼを詰め込んで膿を吸い尽くします。確かガーゼの付け替えに2~3日に1回通院してました。多分1か月ぐらいだったと思います。その間はお風呂もガーゼを濡らさないように気を付けなければならず、満足に洗髪できてませんでした。

で、再発の危険性もあるし、摘出したら?ということで総合病院へ紹介状を書いてもらい手術へ。
1回診察してもらってから手術の予約をしてました。手術の際に髪が邪魔にならないようバリカンで周囲を念入りに伐採してから入院しました。手術自体は1時間もかからないものだったみたいです。あとから写真で袋を見せてもらいましたがすごかったです…あんなのが耳の奥に潜んでるんだとびっくりしました。兄は3針ぐらい縫って退院。傷跡が残ってはいますが、手術をしてからは腫れることがなく無事成功だったようです。費用は5万前後だったかな?限度額認定証の申請したけど使わなかったみたいなので馬鹿高い金額にはなってなかったと思います。

もし、手術を受けたい!って人がいたら、かかりつけ医か耳鼻科を受診して総合病院への紹介状を書いてもらうのが一番早いと思います。ちなみに耳瘻孔が腫れていると手術ができないので注意です。

どうしても手術が怖い私の話

私は幼少期から膿が出る症状に悩まされており、耳鼻科にかかっていた時期があるのですが痛すぎてトラウマになってます。泣き叫んでいた記憶が強くて。母親はおそらく私の先天性耳瘻孔が完治していると思っているのですが、両耳共に定期的に汁を絞り出してます。ふと耳に触れてみると汁がたまっており、押し出してみるとびゅっと吹き出すこともあります。ホントにこれがくさくて、髪の毛に付いたら最後、ずっと匂ってしまってつらいのです…車内とか密室でやってしまわないように極力耳には触れません。

汁を出すときは、耳瘻孔には素手で触れずにティッシュでおおい、押し出すようにしています。だいたい朝とお風呂上りにやってます。季節の変わり目など抵抗力が落ちる時期に耳が腫れやすなぁと感じます。私の場合、耳が腫れてもそこまでひどくならないので病院にもいかず、清潔に保って腫れが引くのを祈っています。摘出した方が明らかに楽なんだろうなぁと思ってますが、特に死ぬほど苦しんでないのでいいかなと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました