【レビュー】小型衣類乾燥機マイウェーブ ウォームドライヤー 3.0!

レビュー

雨の日に部屋干しすると、室内までじめじめして気持ち悪いですよね。

コインランドリーは混んでいるし、行くのがだるい。

小型衣類乾燥機をAmazonで調べてみると、怪しげな(?)「マイウェーブ」という衣類乾燥機にたどり着きました。

スポンサーリンク

マイウェーブ ウォームドライヤー3.0 とは?

マイウェーブ ウォームドライヤー3.0 

3kgの小型衣類乾燥機
工事不要
タッチパネル
自動モード搭載
ステンレスドラム&ボディ
幅49cm×高さ58.5cm×奥行40cm

「マイウェーブ」は、ケーズウェーブというブランドの製品だそうです。

2万円台で買えるリーズナブルな小型衣類乾燥機。

レビューを読んでみると、
「買ってよかった」
「すぐ壊れた!」

と、意見が分かれていました。

2万円ぐらいならすぐ壊れても心のダメージは少ないかとと思い、注文してみることに。

買ってみた!

Amazonで購入。
2020年12月5日時点での価格は23,222円
これに配送料が1,480円加わって、合計金額は24,702円でした。

乾燥機で2万円台って安いですよね?

my wave

開封してみるとこんな感じ。
小型衣類乾燥機というだけあって、かなりコンパクトな印象でした。
デザインもいい。

付属品は排気ノズルやアース線、壁掛け金具など。

・・・

アース線の取り付け?!
「工事不要って書いてあったじゃん〜!!」

地味に面倒な作業はありました。
仕方ないですね。

そして、脱衣所に設置。
スペースの都合上、直置きです。
いろはすはサイズ感の参考に。

小型衣類乾燥機サイズ


奥行きはこんな感じ。
2Lのペットボトル1本ぐらいでした。

排気口は背面にあるので、壁にピッタリくっつけることは難しそう。

そして、右下にはタッチパネル。
壊れやすいとレビューでありましたが、果たして…?

ボタンの説明を簡単にすると、左から
・スタート/一時停止ボタン
・時間選択ボタン(20分〜120分)
・温度設定ボタン(強・中・弱)
・電源ボタン

です。

使ってみて気づいたこと

使うなら「強」一択

自動モードを使うと、最適な強さ・乾燥時間を判断してくれるそうです。
しかし、Amazonのレビューで「乾かない」と書いてあったので、我が家では最初から使ってません。

2ヶ月ほど使っていますが、モードは「強」一択です。

(※使って半年ほど経過しましたが、やはり「強」です。)

「強」でMAXの200分に設定しておけば、ほぼ乾きます。
ただ、詰め込みすぎたり、フィルターの手入れができていなかったりすると、乾きが悪くなります。

フィルターの掃除はこまめに

乾燥力をキープするためには、フィルターの手入れが大切。
内部の奥に取り外しできる部分があります。

白くて丸いプラスチックの部分が取り外しできます。

取り外すとこんな感じ。
中が黒っぽくなっていますが、これ全部ほこりです。
「きっきたないっっっっっ!!!」

ひっくり返すとフィルターが現れます。
こちらにもほこりが付着…

フィルターを外し…

カポっと外すとほこりが付いた面が出てきます。
この黒いのも全部ほこりです。

フェルトのような感じにびっしり。
このほこりの層が分厚くなってしまうと、何十分やっても乾きません。

使う頻度によりますが、週1くらいでほこりを取り除いています。
フィルターは掃除機で吸うと、何度も繰り返し使えます。

ブラは注意!

ブラジャーのホックが内部で引っかかり、ガタガタになってしまいました。
ブラジャーを乾燥機で回す場合は、洗濯ネットに入れたほうがよさそうです。

湿気がすごい!

雨の日に洗面所の扉を閉めたまま、乾燥機を回し始めると湿気がすごい。
鏡は結露していました。

乾燥機を使うときは、換気扇を回したり扉を開けたりと一工夫必要です。

まとめ


使って半年ほど経ちました!
毎日2〜3時間ほど回していますが、壊れることもなく快適に使えています。
黄砂がひどい時期&梅雨時は特に助かる!

タッチパネルも今のところ、トラブルはありません。

一人暮らし・二人暮らしの方におすすめです。

フィルターさえきちんと手入れしていれば、問題なく使えると思います。
購入してよかったです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました