【知っておいてほしい】リボ払いって何なの?特徴や注意点は?

雑記

こんにちは、博文です。
今回のテーマは「リボ払い」
クレジットカードを作成するときに
選べる支払い方法のひとつですよね。
簡単に言うと、あらかじめ決めておいた額を毎月支払っていく方法のことです。
今回はそんな「リボ払い」の特徴や注意点について調べてみました。

スポンサーリンク

リボ払いって何なの?

リボ払いの特徴は?

リボ払いというのは正式にいうとリボリング払いと言います。
リボリングの意味は「一定限度まで何度でも融資を受けられること」です。
ですので、リボ払いというのは「クレジットカードを何度使用しても月々の支払いが一定金額で済む支払い方法」を指します。
高額な買い物を何度しても、月々の支払金額は一定金額で止まり、支払い終えるまで払い続けます。リボ払いの支払い方法で主なものは以下になります↓

定額方式

「毎月2万円コース」などといった支払い方です。
毎月あらかじめ決められた支払い金額+手数料を支払います。
手数料はあらかじめ決められた金額に中に含まれているケースもあります。

残高スライド方式

支払わなければならない金額の残高に応じて毎月の支払料金が変動する支払い方です。
支払い残高が大きいほど、月の支払金額も大きくなります。
支払い残高に応じた支払金額+手数料を毎月支払います。

リボ払いの注意点は?

手数料

リボ払いには手数料がかかります。
認識としては「クレジットカード会社からお金を借りている状態」です。
手数料=利息だと思ってください。
ピンチの時にはリボ払いはありがたい制度ですが、「手数料が高い」ということを頭に入れておいてください。

使い過ぎ

リボ払いでついついやってしまいがちなのが「使い過ぎ」
毎月決まった額の支払いで済むので浪費した感覚がないことも。
気づいたらクレジットカードの利用限度額ギリギリまでリボ払いを使ってたということもあるので気を付けてください。
支払明細書を確認するなどして自己管理することが大切です。

うっかり登録してない?

クレジットカードを作成するときにうっかり自動でリボ払いに登録しているケースもあるようです。月々の支払金額を見てあれ?おかしいな?と思ったら確認するようにしてみてください。特に学生でカードを作った人は、良く仕組みが分かっておらずリボ払いを選択してしまうケースが多いようです。クレジットカードを作成するときは、一度誰かに相談してからが良いかと思います。

最後に リボ払いとの付き合い方

リボ払いはピンチの時には役に立つ支払い方法です。
が、使い方次第では大変なことになってしまいます。
一括払いが可能な買い物では、極力使わないようにするのがいいかもしれません。
また、リボ払いを選択しいる人でも、余裕が出てきたら一括返済で返してしまうのもありです。
リボ払いで「毎月一定金額の支払いで済む」という以外の恩恵って案外少ないと思います。ポイントが高かったりするみたいですが、手数料を考えると…
クレジットカード会社にとっては手数料が入ってくるのでうれしい制度ですよね。
くれぐれも使い過ぎにはお気を付けください。
それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました