カップルでキャンプデートした話。

雑記

こんにちは、博文です。
今回はキャンプデートについてです。
アニメの流行もあってか、
今年はキャンプが人気のようですね。

 

スポンサーリンク

キャンプデートってどう?

率直に言うと楽しい!

博文は今年2回キャンプデートしました。
苦労もありますが、とっても楽しかったです。
川遊びして、テントの設営して、焚火して、ステーキ焼いて、温泉行って…
普段の街とは違う経験が出来てとっても充実していました。

ちなみに2回ともテント泊でした。
テントの中で寄り添って寝るのって
ドキドキしてとてもよかったです。

あと、普段は見れない一面が垣間見えたり…

自然の中でのびのびできるって素晴らしいですね。

準備・片付けが大変…

ただ、準備・片付けが大変です。
一から道具をそろえる場合は、
テント、焚火台、食器、寝袋etc…
と、色々用意する必要があります。

また、荷物をリアカーで運んだり、
設営・炊飯とやることがいっぱいです。
焚火をしたら、その処理もあります。
穏やかな時間もありますが、
準備・片付けに意外と時間かかります。

キャンプデートの注意点

準備

事前にキャンプ場の設備・周辺の状況について
調べておいた方がよかったです。
・トイレは綺麗か?
・シャワーはあるか?
・近くに温泉はあるか?
・電波は届くか?
・薪などの販売はあるか?
・レンタル用品はあるか?
・近くにコンビニがあるか?
うっかり忘れものをしても対応できるように
コンビニやスーパーを把握しておくことは大切です。

また、季節に応じた対策も。
夏:虫よけスプレー、冷却グッズ
冬:防寒グッズ

当日の行動

流れをシミュレーションしておきましょう。
役割分担も決めておくと◎

〈参考資料〉
博文のキャンプの流れ↓
①食材など購入
事前に凍らせたペットボトルと保冷バックを用意
その中に買った肉類を突っ込みます
②キャンプ場到着
チェックインを行います
③荷物の運搬
二人で協力して車から荷物を下ろして
自分たちのサイトへ移動させます
④設営
私たちはmoonlight-3型を使っています。
テントを張る前にグランドマットを敷きましょう
⑤入浴
近くの温泉で入浴します
⑥炊飯
焚火を開始します
日が暮れるとお肉の焼き加減が分からないのでライトが必要です
⑦片付け
火の始末、炭の処理を行います。
洗い物も済ませます。
⑧就寝

 

初めてのキャンプならオススメはこちら

グランピング・コテージ泊

グランピングとは、テントの設営などを行わずに
自然の中でホテルのようなサービスを受けながら宿泊するスタイルです。
手ぶらでOKで面倒な準備が一切いりません。
全て準備してあるので、本当に自然の中でゆっくりしたい人におすすめ。

コテージとは、家具や家電が取り揃えてある建物のことです。
テント泊や炊飯はちょっとまだレベルが高い…という人にオススメ。
食材さえ用意しておけば楽しめると思います。
トイレも室内にあることが多いので安心です。

オートキャンプ場

車を横付けOKだったり、
電源が供給されていたりと便利です。
夏場とか冬場なら断然こっち。

キャンプデートの向き不向き

向いているカップル

・虫とかに屈しないカップル
・トイレが汚くても平気
・泥汚れも気にしない
・どこでも寝られる
・二人の仲がいい

 

向いていないカップル

・虫が無理
・汚いものが無理
・後片付けが出来ない
・物音が気になる繊細な人

まとめ

キャンプって特別感があって楽しいです。
結構インパクトのある思い出になります。
機会があったら行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました