【ボードゲーム】ガイスターで遊んでみた【超心理戦】

雑記

2人で遊べるボードゲームを買ってみたよ~!

人生ゲームが欲しかったんですが売ってなかったので、代わりにガイスター (Geister) ボードゲームを買ってみました。

Amazonで2,000円ちょっとで購入できるボードゲームです。

#おうち時間、ついついスマホで動画ばかり見ているので、ボードゲームはリフレッシュにいいですね。
災害時、電気が止まってしまった時の娯楽として多分備蓄にもなります(?)

スポンサーリンク

ガイスターってどんなゲーム?

ドイツ発祥のボードゲーム

ガイスターはドイツ語で「幽霊」という意味です。
1982年にアレックス・ランドルフさんが作成したボードゲームです。

プレイ人数は2人。
8歳以上が対象です。
1ゲームの目安はおよそ10分~20分

いいお化けと悪いお化け

ガイスターで使うコマはお化けの姿をしています。
お化けはいいお化けと悪いお化けの2種類です。
自分のお化けは見分けがつきますが、相手のお化けはいいお化けか悪いお化けか分かりません。

ルールは簡単で、相手のいいお化けをすべて捕まえたら勝ち。
逆に相手のお化けをすべて捕まえてしまったら負けです

相手の動きから相手のお化けの正体を推理します。

詳しいルール

いマーカーが付いたお化けはいいお化け
いマーカーが付いたお化けは悪いお化けです。

それぞれいいお化け4コマ悪いお化け4コマが自分のコマです。

ゲームボードは四隅の矢印が左右に向くように置きます。

両プレーヤーはマーカーの色が相手に見えないようにお化けをを並べます。
配置する場所は写真の8マスの中なら自由に配置できます。

対戦は交互にお化けを動かして行います。
お化けの動きは、1ターンで前後左右1マス分の移動ができます

斜めのマスには移動できない
自分のお化けがいるマスには移動できない

相手のお化けがいるマスに自分のお化けを移動させるとお化けを捕まえたことになります。

捕まえてからいいお化けなのか悪いお化けなのかが判明します。
捕まえたお化けはゲームボードから取り除きます。

ゲームの勝ち方は3つあります。

相手のいいお化けを4つ捕まえてしまう

自分の悪いお化けを4つ相手に捕まえさせる

自分のいいお化けを相手側の矢印のマスからゲームボードの外に出す

実際に遊んでみた

ということで、さっそく遊んでいきます。
最初のお化けの配置が結構大切。

下手くそで最初は惨敗だったんですが、だんだんコツをつかんできました。

自分側の矢印のところに悪いお化けを配置して、絶対相手に捕まえさせるという….

悪いお化けを相手に取らせるテクニックを身につけると勝てそうです。
追い込まれた時のスリルが楽しかったです。

ちなみに10回ほど対戦しましたが、3回ほどしか勝てませんでした。

まとめ

駆け引きが楽しい

駆け引きが楽しいゲームです。
いいお化けと見せかけて実は悪いお化けだったというフェイントもあるので要注意。
あんまり普段こういう悪ふざけというかいたずらができないので、ボードゲームで相手をだませると楽しいです。

ボードゲームのオススメ

ボードゲームはやるとハマります。
家電量販店で色々並んでいるのを眺めるのも楽しいですよ。
最近は新しいゲームがたくさん出ています。

Amazonでも気軽に買えます。
ガイスターはお店で買うより安かったです。

最後に、お店で見てて気になったゲーム達を紹介しておきます↓
YouTuberが動画にあげてるのもあるみたいなので、気になる方は調べてみてください!

カタン スタンダード版

新品価格
¥2,660から
(2020/5/29 19:51時点)

はぁって言うゲーム

クラッシュアイスゲーム

人生ゲーム

ガイスター (Geister) ボードゲーム


コメント

タイトルとURLをコピーしました